これは高額な価値を有します

 
前々回のブログ「大家に宅建は必要でしょうか」の続き。

私は自主管理大家です。

宅地建物取引士の資格を所有しています。




「大家は宅建士を取得すべきかどうか」について、下記のように考えます。

■ サラリーマン大家は「どっちでもよい」

■ 自主管理大家は「取得をオススメする」

自主管理大家になった人の理由はさまざまです。

理由はざまざまですが、すべての自主管理大家に該当することがあります。




「自由な時間」を手に入れることです。




収入が減った人は多いでしょう(私もその一人)。

しかし収入以上に、私達が手に入れた「自由な時間」は高額な価値を有します。

せっかく手にした時間。

自分の能力を高めましょう。



  • 自分で客付けをする。
  • 自分で賃貸借契約を結ぶ。

このタイプの自主管理大家は、資格があれば入居者様に安心してもらえます(実際に経験済み)。




「自由な時間」は高額な価値を有します。

自主管理大家は、その恩恵を受けているのです。

宅建士の取得に関わらず、自分の能力を高めるために使いたいですね。