「印紙」ではなく「証紙」でした

収入証紙

「収入印紙」と「収入証紙」。

違いを初めて知りました。

収入印紙は、「国」に対してお金を収めるときに使うもの。

収入証紙は、「県」に対してお金を収めるときに使うもの。



  1. 宅地建物取引士試験に合格
  2. 登録実務講習を受ける
  3. 県庁に申し込みをする

3.のとき、「新潟県収入証紙 4,500円分」が必要です。

郵便局で収入印紙を買って、私は新潟県庁に行きました。

「収入印紙ではなく、収入証紙をお願いします」。

当然、県職員に言われます。

新潟県庁1階にあるコープで、収入証紙を購入。

私のように「収入証紙」の存在を知らない人は御注意ください。




2016年3月
新潟県江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

「収入証紙」よろしく、自主管理大家として一つ一つ知識を積んでいきます。

現在は満室ですが、空室が出たときの予約を受け付けています。