契約書の印紙税を節約

 
売買契約・請負契約を結ぶ際、通常は契約書を2通作成します。

自分と業者が所有するためです。

2通作成すると、それぞれの契約書に収入印紙を張り付けなければならないので2倍の印紙税がかかってしまいます。




【売買・請負の印紙税】
「1万円」 1千万円超え~5千万円以下の不動産

「3万円」 5千万円超え~1億円以下の不動産

「6万円」 1億円超え~5億円以下の不動産

(「国税庁HP」2018年3月31日までの特例税額)




賃貸事業において、1億円前後の契約を交わすことは日常茶飯事です。

原本の売買契約書・請負契約書を所有する大家さんは、ムダな印紙税を支払います。




【印紙税の節約方法】
業者が作成する契約書(原本)のコピーをもらえば、自分の印紙税を節約できる。




業者は原本を要しますが、自分の側はコピーで十分です。

1万円~6万円が節約できます。

ムダな税金を支払う必要はありません。

前もって契約書の作成枚数を聞いておきましょう。

建築会社 仲村建設に作成枚数を聞いてみたら「いつもウチの契約は『1枚原本』『1枚コピー』です」との返答がありました。

私はコピーをもらって保管しています。