つなぎ融資の金利を軽くする

 
新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

一戸建てを7棟も建てるのですから、借入額も相当です。

中古物件の購入とは異なり、新築住宅を建てる場合は「つなぎ融資」が生じます。

【つなぎ融資】
新築建物が完成するまでの間、住宅ローンの代わりに受ける融資。

住宅ローンよりも、金利が高い(『不動産の教科書』新星出版社)。




【金利を軽くする方法】

  • 支払回数を増やす
  • 1回ごとの支払金額を少なくする

 


つなぎ融資は、2回に分けるのが一般的です。

  • 1回目 着手金40%
  • 2回目 中間金30%
  • 3回目 引渡金30%(「つなぎ融資」から「本融資」に変化)

工事を始める前から40%も支払うと、引渡金までの間(本融資までの間)、高い金利を支払わなければなりません。

建築会社にお願いをして、つなぎ融資の支払回数を多くしてもらいましょう。




私のために、建築会社 仲村建設は下記の支払方法にしてくれました。

  • 1回目 着手金5% 
  • 2回目 上棟時20%
  • 3回目 中間金20%
  • 4回目 中間金20%
  • 5回目 中間金20%
  • 6回目 引渡金15%(プラス追加発生分)

賃貸事業を行う者にとって、1回目の「着手金40%」と「着手金5%」の金利差は大きいです。

「着手金が5%は珍しいですね」と金融機関が驚いていました。