タダでヤル気が出てきます

 
2016年8月3日、4日
賃貸不動産経営管理士(賃管)の講習を受けるために、石川県金沢市に行ってきました。

講習を受けた私は、試験問題40問中4問の免除を受けます。

去年2015年の合格基準は、40問中25問正解。

4問の免除を受けた人は、21問正解すれば合格です。




2015年
「4問の免除を受けた人の合格率」は約60%(賃管協議会HP)。

40%が不合格。

それを知ったとき、「賃管試験は宅建士試験よりも難易度の低い。4問も免除をもらって不合格とは、バカばかりが講習に来ているんだなぁ~」と思いました。




「バカの1人」に、私も加わるかも………。




「落ちるヤツはバカだ!」とブログで宣言して、私は退路を断ちました。

名付けて
「周りに宣言して、試験に落ちたらカッコ悪いぞ作戦」です。

この作戦は宅建士試験のときにも使いました。




周りに宣言するのは恥ずかしいです。

だだ相手側は何とも思っていません。

聞かされた相手側は、心の中で「知らんがな!」と思うだけです。

しかし宣言することによって、自分は追い込まれる。

タダでヤル気が出てきます。