布基礎に対する誤解

 
布基礎
急きょ「ベタ基礎」から「布基礎」に変更しました。

布基礎
立ち上がり部分にコンクリートを流し込んで養生中です。

布基礎
土間コンクリートは、わざわざ鉄筋を入れてくれました。

布基礎
シートの切れ目は、キチンと防湿テープ(黒色)で補修します。


「いままで我が家があったので、地盤改良工事は不要」とのことでベタ基礎を行う予定でした。

しかし「地盤改良工事を要する」との調査判定が出ます。

やむを得ず、地盤改良工事を行いました(GSTC工法)。

「せっかくGSTC工法を行ったのに、ベタ基礎ではもったいない」。

仲村建設は私のために、急きょ布基礎に変更してくれました。



    布基礎はベタ基礎と比べて

  • 手抜きをした基礎
  • 安く済ませた基礎

と誤解している人は多いです。

それは間違いであり「土地の状況に応じて選択するのが正しい」と知りました。




ベタ基礎と比べて、私の物件の布基礎は「手間」も「費用」もかかりました。

上記画像の通り、土間部分にもコンクリート打設(流し込み)をしているからです。

合計3回の打設です。

ベタ基礎は、2回で打設工事が済みます(「底面部分」「立ち上がり部分」)。

物件の布基礎は、3回の打設工事を要するのです(「底面部分」「立ち上がり部分」「土間コンクリート部分」)。