怠慢な職人は省く

 
タンピング
ダンパー(T字の道具)によるタンピングの後………

タンピング
金ごて(かなごて)を使ってのタンピングを行います。

タンピング
基礎の中から外側に出て、丁寧にタンピングをしています。


「ダンパー」を使った後、「金ごて」を使った工程に入ります。

怠慢な職人はダンパーによるタンピングを省いて、金ごてのみのタンピングで済ませます。

ダンパーを省くと、コンクリート内部の余分な空気・水が残ったままになる。

軟弱な基礎コンクリートになります。




休憩中に職人さんが、「ここまで手の込んだ布基礎(鉄筋入りの土間コンクリートの布基礎)は珍しい。大きな地震が来ても大丈夫だよ」と言っていました。

………仲村建設K社長のおかげです。




不要だと思っていた地盤調査の結果、「要する判定」だったので地盤改良工事を行います。

「せっかく行ったの地盤改良工事を活かさないのは、もったいない」とK社長。

予定はベタ基礎でしたが、わざわざ布基礎に変更してくれました。