カテゴリー別アーカイブ: 住宅見学会 100以上を見学した感想

100以上の住宅見学会に行きました

 
アパート・マンションではなく、一戸建てが私の計画です。

参考のために多くの住宅見学会に参加しました。

見学した住宅は100以上です。

何度もおとずれて、見学拒否をくらった会社もあります。




100以上見学した「住宅見学会」に、展示場住宅(モデルルーム)は含みません。

展示場住宅はイメージを売るための住宅なので、庶民にとって何ら参考にならないのです。

同じものを建てるとなると、お金がいくらあっても足りません。

参考になるのは「建売分譲住宅」「施主が建てた住宅」です。

これらの住宅を100以上見学しました。




新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

自主管理大家なので仲介手数料・更新料は無料。

現在は満室ですが、空室が出たときの予約を受け付けています。







住宅見学会は無料ですが

 
住宅見学会は無料ですが、費用は発生します。

  1. 「貴重な時間」を割く費用
  2. 「ストレス」をためこむ費用

【1. について】
住宅見学会は思った以上に「時間」が取られます。

開催日の多くは、土曜・日曜。

道が混んでいて、複数を見学する場合は1日がかりの大仕事です。




【2. について】
住宅見学会に行くと「ストレス」がたまります。

たくさん喋り、たくさん聞いてくる営業マンが原因です。

「不動産賃貸の営業マン」に比べて、「不動産売買の営業マン」は積極的な人が多いです。

営業マンの成約報酬が、賃貸とはケタ外れに違うからでしょう。

ガンガン来るので、気を使ってストレスがたまります。




どうせ「時間」を割いて「ストレス」をためこんでしまうなら、元を取るべく見学したい。

ぐっすり眠って、当日に備えるのをオススメします。




新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

アパート・マンションではなく、賃貸の一戸建てです。

現在は満室なのですが、空室が出たときの予約を受け付けています。

賃貸一戸建ての詳細はコチラ 物件情報







営業マンをかわしたい

 
住宅見学会に行くと、まず始めにアンケート用紙に記入しなければなりません(最後に記入するパターンもあり)。

電話営業・訪問営業をかわしたい方は、アンケート用紙の余白に下記のように記載するのをオススメします。




始めたばかりなので、ダイレクトメール・電話営業・訪問営業は断ります。




上記「~は断ります。」を記載すれば、不動産会社からのダイレクトメール・電話営業・訪問営業は防げます。

しかし、100%防ぐことはできません。

予防線を張っていてもダイレクトメール・電話営業はあります(さすがに訪問営業はなかったです)。

少なくとも「~は断ります。」を記載しておけば、あなたの気分は楽になると思います。

楽な気分で住宅を見学できます。

もしよろしければ、参考にしてください。




新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

アパート・マンションではなく、一戸建てです。

一戸建てといっても、その辺のローコスト住宅と一緒にしないでください。

高気密高断熱の性能は、ローコスト住宅どころか建売分譲住宅よりも優れています。

賃貸一戸建ての詳細はコチラ 物件情報







よく喋る営業マンについて

 
住宅見学会では営業マンが付き添います。

営業マンのアピール方法は、2つに分かれると感じます。

  1. 積極的に伝えようとする営業マン
  2. 聞かれたときのみ答える営業マン

どちらの営業マンが良いか悪いかは、人それぞれの感じ方なので断定することはできません。

ただ主観としては「積極的に伝えようとする営業マン(よく喋る営業マン)」は苦手でした。




よく喋る営業マンはベテランが多く「不動産売買」の営業マンに限られます。

「不動産賃貸」でよく喋る営業マンに、私は会ったことがありません。

私は小心者なのでアレコレ聞かれると会話のほうに気を使ってしまい、思うように見学できなくなります。

住宅見学会に行き始めたころは、よく喋る営業マンとの会話に気を使ってしまい、非常に疲れました。




2016年3月
新潟市江南区に仲介手数料無料の賃貸一戸建てを7棟建てました。

現在は満室ですが、空室が出たときの予約を受け付けています。