月別アーカイブ: 2016年12月

合格率を予想しました

 
2016年度賃貸不動産経営管理士の合格率を、勝手に予想しました。




予想合格率:30.4%




過去3年は、受験者数4000人~5000人ほどです(一般社団法人 賃貸不動産経営管理士協議会)。

今年は、受験者数は13149人。

急に3倍近く増加しました。

一方で「合格率」は、急激に下がります。

【合格率】
2016年 30.4%と予想
2015年 54.6%
2014年 76.9%
2013年 85.8%

【受験者数】
2016年受験者 13149人
2015年受験者  4908人
2014年受験者  4188人
2013年受験者  3946人

【合格者数】
2016年合格者 4000人と予想
2015年合格者 2679人
2014年合格者 3219人
2013年合格者 3386人

合格率が急激に下がっているなか「受験者数が約3倍になったので、合格者数も3倍にして、去年と同じ合格率54.6%」は考えにくい。

従って、去年よりも合格率が下がる。




加えて「賃貸不動産経営管理士が、国家資格に移行するのではないか」といわれている(約3倍になった要因)。

国家資格に移行するならば、「質のよい賃貸不動産経営管理士」を育成しなければならない。

そのために条件を厳しくなる。




受験者13149人なかで、合格者4000人と予想。

予想合格率:30.4%

今年受験した人間のたわごとです。

【自己採点結果】
36問中33点正解

【前年2015年結果】
36問中21問正解で合格

合格発表日は2017年1月13日(金)







大きな声では言えないのですが

 
司法書士試験を受けてみようか………。

大きな声では言えないのですが、少し思っています。




新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

現在は満室ですが、空室が出たときの予約を受け付けています。




中古とは異なり、新築の賃貸一戸建ては利益が少ないです。

これだけでは生きていけません。

どうにかしなければ………。

再就職も考えています(40過ぎているのでアルバイトでも構いません)。




今の私にできることは何か?

DIYはできません。

手先が不器用な人間です。

もし空室が出たときのリフォームは、仲村建設に丸投げするつもりです。

そうなると、私にできることは司法書士合格?




「でも無理だろうなぁ」。

「非常に難しい試験で、宅地建物取引士や賃貸不動産経営管理士のようにはいかないよなぁ」。







【終】また戻ってきます

 
「にほんブログ村 大家さん」は【終】。

「大家さん」から「司法書士試験」のカテゴリーに移動します。




数多く存在するウェブサイトのなかで、私のサイトを見てくださった人に感謝です。




遅くても2017年1月から、本格的に司法書士の勉強を始める予定です。

死に物狂いで勉強しますが、ブログは続けます(続けたいので………)。




これからのブログは「勉強時間を報告するだけの内容」が中心。

今まで以上に、大家と無関係なウェブサイトになります。

そんな訳で、にほんブログ村のカテゴリーを「大家さん」から「司法書士試験」に移動します。



  • 司法書士試験に「合格」
  • 司法書士試験に「挫折」

どちらかに該当したら、すぐさま「大家さん」のカテゴリーに戻ってきます。




「何年先か分からないけど、『合格』して戻ってきたいなぁ」。




私のサイトが消えたら、司法書士試験のカテゴリーに移動していると思います。

たまに見に来てくれると嬉しいです。







はじめまして、司法書士を目指します

 
はじめまして。

ブログ村のカテゴリーを「大家さん」から「司法書士試験」に移動して、最初の投稿です。




2016年3月
新潟市江南区に賃貸一戸建てを7棟建てました。

アパート・マンションではなく、賃貸の一戸建てです。

全7棟中6棟は、大家自ら「客付け」「賃貸借契約」を行いました。



  • 宅地建物取引士に合格
  • 賃貸不動産経営管理士の合否待ち
    (発表日2017年1月13日)

【2016年賃管の自己採点】
36問中33問正解

【前年2015年の合格点】
36問中21問正解で合格

恐らく……… 賃管も合格です。

自主管理大家として、十分な資格は取得したと思います。




司法書士試験は難関です。

宅建士・賃管とは比べものになりません。

合格まで何年先になるか不明で、挫折する可能性も高いです。

………でも、挑戦したい!!!




決めました。

司法書士を目指します。




本格的な勉強は2017年1月から始める予定です。

賃貸不動産経営管理士の試験(2016年11月20日実施)のために後回しにした要件を、12月中に済ませます。




決めました。

2017年1月から、司法書士を目指します。







宣言したものの

 
本 
親戚からテキストをもらいました(合計36冊)。

本
使いやすいように名前を書いたのでしょう(ガムテープはつづりひものために、私が貼りました)。

本
にほんブログ村で上位ブログの姫野寛之先生のテキストもあります。




「司法書士試験を目指す」と宣言したものの、何から手を付けてよいやら………。




分からない時は「図書館」「本屋」「ブックオフ」へGO。

図書館は適した本が無かったです。

本屋で立ち読みをした後、ブックオフで何冊か購入しました。




司法書士は平均2年を費やす難関試験。

2017年7月の試験は、間に合わないです。

当分の間、お金をかけないで済ませます。




「オレは新しいテキストを持ってるんで、古いので良ければあげるよ」。

親戚が司法書士受験生なのは、非常にラッキーです。

最初から新しいテキストを買っても、結局は途中で買い直すはめになります。




使用するテキストの多さに驚きました。

宅地建物取引士試験の10倍以上です。

試験科目だけを見たら「宅建士」「司法書士」は差がありません。

しかし、科目ごとの勉強量が違いすぎるのでしょう。




私は、ヤバい世界に足を突っ込んだのではないか………